グルメ

江別蔦屋書店のフードコートは名店揃い

江別蔦屋書店にはもう行きましたか?

気になってるけど遠くて…という方もたくさんいると思います。

本好きならば、一日中いても足りないくらい。

それほど本が好きでなくても、買い物をしたり、商品を見ているだけでも楽しめそうな場所です。

フードコートも充実していて、しかも名店揃いでちょっとビックリ。よく集めたなという感じで、さすがツタヤ!

「食」の棟のみどころ

「食」「知」「暮らし」の3棟からなる江別蔦屋書店

左側にある「食」のフロアは食べ物に関する本のほか、調理器具や食品を販売するお店、そしてフードパークがあります。

この棟だけでも長居できますね。

食器や調理器具も選び抜かれた商品が並んでいます。機能的でオシャレ!

最近はネットで買い物をすることが多いですが、やはり実物を確認したい物も多いです。

輸入食品や日本のこだわり食材が揃う「KALDI(カルディ)」も入っています。

「nodo」というイタリアンレストランもあります。サッポロファクトリーにある「テルツィーナ」のシェフが手掛けたお店です。

魅力たっぷりのフードパーク

まだ食事時に来たことはないので、食べてみたいお店がたくさん。

  • 175°DENO担担麺…札幌駅周辺に本店と支店がいくつかある人気店
  • 江別 さいもん…手作りの餃子と点心とクラフトビール
  • Hakodate Omusubi 函太郎…贅沢なおにぎり屋さん
  • BETWEEN THE BREAD Ebetsu…値段の高いハンバーガー
  • Une cled’ Oz (ウェ二クレ―ド オズ)…ガパオライスと無添加ベーコンの専門店

あとは、札幌の超人気カレー店「clock(クロック)」も入っています。

こんなところに「クロック」が!とビックリしました。ちょっと味が濃いので私の好みではないのですが、ルーカレーでは札幌ナンバー1のお店です

旭川に本店がある日本茶のお店「USAGIYA」もあります。

「知」のフロアにはスタバがありますが、ちょっと混雑している雰囲気なので、それが嫌な方やコーヒーよりもお茶が好きな方におすすめです。

ちょっとした休憩に「円山ジェラート」

円山ジャラートのショーケース 円山ジェラートのメニュー表

シングル(380円)、ダブル(450円)、トリプル(500円)

絶対トリプルがお得でしょって感じですが、3種類も食べられるか自信がなかったのでダブルにしてしまいました。

手に持ったダブルコーンのジェラート

思ったよりも少なく、味もさっぱりとしていて、ペロッと食べてしまいました。

トリプルにすれば良かったと後悔。

どの味にするか迷いました。月限定のフレーバーもあるので、いろいろ食べてみたいです。

超おすすめ「増田おはぎ」

白石区にある人気店「増田うどん」がプロデュース

和だしスープもあります。

つぶあんのおはぎ うぐいす餅ときなこ 玄米粉と黒ごま ゆずとくるみ 桜と抹茶

季節により種類も変わると思いますが、どれもこれも絶品です!

1個190円と高いわりに小ぶりですが、ものすごく美味しいです。

たくさん買うと値段が少し安くなります。

柔らかくてモチモチしていて、おはぎと餅の中間のような感じ。

くるみのおはぎを半分に切ったところ

中にたっぷりあんこが入っていますが、甘さは控えめ。

はじめに券売機を買うシステムです。

ODD BAKERY (オッドベーカリー)

「odd」は英和辞典で引くと「奇妙な」という感じですが、江別蔦屋書店HPのお店紹介によると、「風変わりな」というニュアンスで使ってほしいそうです。

誰でも知っているパンだけど、うちの店のは一味違うよ、というメッセージのようですね。

何回かお店に行きましたが、いつも夕方なので残っているパンの数が少なくて…。

クロワッサンと塩パンが食べたいのですが、いつも売り切れています。

かごに入ったまめぱんとメロンクリームパン かごに入った数種類のパン

残っているパンはこれだけでしたが、メロンクリームパンが非常に美味しそうだったので買って帰ることにしました。良い色ですね~

メロンクリームパンを切ったところ

メロンクリームパン(180円)税別

半分に切ってみるとこんな感じ

この手のクリーム入りのメロンパンは甘すぎるお店が多いイメージで、正直見た目ほど美味しくないのではと予想していましたが…

このお店のはクリームの量が少なく、しかし存在感は強く、とても美味しかったです。

見た目もキレイだし、「ちょっと意外なパン」というテーマにぴったりですね。

これはリピしたい。

バジルベーコンロール

バジルベーコンロール(220円)

名前どおり、見た目どおりで意外性はなかったですが、なかなかの味でした。

ミートパイ

ミートパイ(220円)

餡デニッシュ

プチあんデニッシュ(100円)

この二つも美味しかったです。また買っても良い感じ。

翌朝、そのまま食べるとしっとりとした食感で、味もこんなものだろうという感じでしたが、オーブンで少し温めるとパリッとして非常に美味しくなりました。

全然違いますね。ひと手間って大事なんだなと再認識しました。

アクセス

江別市牧場町14-1

広い駐車場があります。平日でも意外とお客さんが多いです。

8:00~23:00

フードパークは11:00~21:00のお店が中心。

詳しい営業時間は公式HPのショップリストでご確認ください。

また、江別市の商業施設では江別エブリも気に入っています。

江別エブリの外観
EBRI(江別エブリ)は観光客にも地元民にもおすすめ江別市に来たら立ち寄っていただきたい場所として、EBRIがあります。 EBRIはもともと赤レンガ工場だった建物を利用してつくられた...
ABOUT ME
なおこた
札幌在住の主婦。 転勤族の夫と小学生の息子との三人暮らし。 趣味は食べることと読書。 悩みは貯蓄。