パン屋

「夜の鶴、月の芋。」大通の美味しい焼き芋あんぱん。手土産にも良いね。

大通に2020年7月にオープンした「薄皮焼き芋あんぱん専門店」です。大丸札幌の催事(2021年3月)で出店していたので買ってみました。

見た目も美味しそうだし、「夜の鶴、月の芋。」という店名も雅で良いですね。

「夜の鶴」は「夜半に鳴く鶴。子を思う親の愛をたとえていう語」だそうです。餡を優しく包み込む愛情を表しているのだとか。

「月の芋」は「黄色く光る蜜の濃さ」を夜に輝く月に例えているとのこと。

お洒落だし、美味しかったです。

ちょっと珍しいお土産として持っていくと喜ばれそうですね。

薄皮焼き芋あんぱん、どんな味か

夜の鶴、月の芋。の大丸催事

大丸札幌で「春のパン食べ」というイベントが開催されていて、美味しそうなパンがたくさん並んでいました。

薄皮焼き芋あんぱんは小ぶりなサイズで1個400円。美味しそうだけど高い!

でも一緒に出ていた「まるやまめろん」も食べてみたかったので売り場に行きました。「まるやまめろん」と「夜の鶴、月の芋。」は運営会社が同じのようですね。

薄皮焼き芋あんぱんとまるやまめろん

あんぱんではなくスイートポテトみたいなものだと思えば、この値段でもアリか…などと自分を納得させつつ購入。

味が3種類ありました。チーズとチョコは新商品だそうです。

チーズも気になりますが、どの程度美味しいかわからないので、普通のとチョコだけにしました。

「さつまいも食パン」もかなり魅力的な見た目でした。

薄皮焼き芋あんぱんの包み紙

あんぱんの包み紙もさりげなくオシャレ!

3個入りの手土産セットもあり、そちらはもっとしっかりとしたギフト箱でした。

薄皮焼き芋あんぱん断面

焼き芋あんぱんは400円、チョコ入りは440円でした。

餡がぎっしりと入っています。

ノーマルのほうは、餡は焼き芋そのものという感じ。薄いながらもパン生地がしっかりとしています。皮が美味しく改良されたニュータイプの焼いもを食べているような感覚でした。

さつまいも本来の甘みをいかした、ほどよい甘さで美味しかったです。チョコが加わったほうも甘すぎず良い感じ。

味はとても良いけど、値段は高いですね。また食べたいけれど…。300円だったら買いやすいのですが…。

甘さ控えめのスイーツとして、手土産にもおすすめです。

ケーキより体に良さそうですし。

大通のお店には、もんぶらんパフェやソフトクリームもあるみたいです。インスタの過去投稿で見たので季節によるのかもしません。

パフェも食べてみたいです。

薄皮焼き芋あんぱん専門店 夜の鶴、月の芋。

札幌市中央区南1条西5丁目16 プレジデント松井ビル1F

10時~売り切れ次第終了

イートインやあんぱんの予約についての問い合わせは 011-212-1212(インスタに書いてありました)

記事執筆時点での情報になりますので、最新情報はお店のインスタでご確認ください。

ABOUT ME
なおこた
札幌在住の主婦。 転勤族の夫と小学生の息子との三人暮らし。 趣味は食べることと読書。 悩みは貯蓄。