蕎麦

「手打蕎麦 こはし」蕎麦も天ぷらも雰囲気も文句なしの名店です

こはしの暖簾があるお店外観

札幌にあるお蕎麦の有名店で「ミシュランガイド北海道2012」にも掲載されています。

お蕎麦の味も絶品ですが、お店の雰囲気がまた上品でこだわりを感じます。

センス抜群です。

店内のオシャレさで、お蕎麦もより美味しく感じられているところもなきにしもあらずですが、食器や居心地の良さは大事です。

人気店だけに、タイミングが悪いと待ち時間が長かったり、まだ営業時間中なはずなのに売り切れのため閉店してしまっていることもありますが、このお店は本当におすすめですよ。

2020年1月の情報になりますのでご了承ください。

お店の場所

札幌市中央区北10条西21丁目1-2

011-621-8482

月~金 11:30~15:00

土・日 11:30~15:00 17:30~20:00

売り切れ次第終了

終了30分前でラストオーダー

定休日:火曜、第3水曜

駐車場6台(店舗前と道路を隔てた店舗向かいに3台ずつ)

わかりづらい場所ですが、どんぐり公園の東隣りです。

落ち着いた和の素敵な空間

日曜日の13時ちょっと前でしたが、車も停められたし席も空いていました。

玄関で靴を脱いでお店に入ります。

次に来たお客さんは、結構待つようなことを店員さんから言われていたので、タイミングが良かったです。

席は4人卓×3、2人卓×2、8人卓×1

個室はありません。

8人テーブルは相席になることが多いようです。

手打蕎麦こはしの庭

運よく窓側のテーブルに座れました。

庭の眺めが風情あります。

真樺のテーブルや床、珪藻土の壁、和の趣たっぷりの照明など、とにかく店内のインテリアが素敵です。

爪楊枝入れと七味

テーブルの上も可愛い爪楊枝入れと七味のみ。ゴチャゴチャしてなくて良い。

七味もそんじょそこらの物ではありませぬ。

徳川3代将軍家光の時代に献上品となった「やげん堀」の七味唐辛子です。

値段は高いがこだわりの絶品蕎麦

北海道産の蕎麦の実を毎朝、必要な分量だけ石臼で挽いて生粉打ちしているそうです。

※生粉打ち(きこうち)=十割手打ち蕎麦

こはしのおしながき

中のメニューを写真に撮るのを忘れました。

「せいろ」「かけそば」は900円ですが、あとは1000円台、2000円台。

大盛りは250円増しです。

百合根と甘えびのかき揚げそば

食べたのは、冬季限定メニューの「百合根と甘えびのかき揚げそば(温)」

確か1700円。高いですが、その価値あり。

回転寿司に行ってもそのくらいの金額は使うので、ならば優雅にお蕎麦をいただくのも良いものです。

百合根と甘エビのかき揚げとれんこんとししとうの天ぷら

百合根がホクホクしていて美味しい!

レンコンの天ぷらはカリカリで絶妙な揚げ具合です。

甘えびのかき揚げ蕎麦

「甘えびのかき揚げ蕎麦(温)」の大盛りです。

確か1550円+追加料金250円

蕎麦湯とそばぼうろ

食後には、そば湯とそばぼうろが出てきます。

器もおしゃれです。

そばぼうろも程よい固さで旨い。

そば湯も美味しい。

体に良い物を食べて、実に健康的。大満足です。

札幌のお蕎麦屋さんの中でも、ちょっと特別に感じるお店です。

こはしのショップカード
ABOUT ME
なおこた
札幌在住の主婦。 転勤族の夫と小学生の息子との三人暮らし。 趣味は食べることと読書。 悩みは貯蓄。