観光

洞爺湖観光へは映画「しあわせのパン」を観てから行くとより楽しい

並んだ花瓶とグラス

「しあわせのパン」は北海道洞爺湖町にある月浦という町を舞台にした映画で、2012年に公開されました。

主演は原田知世と大泉洋。月浦でおしゃれなカフェを営む夫婦を演じています。

水縞くん(大泉洋)の焼き立てのパンと、りえさん(原田知世)が淹れるコーヒーと季節の野菜を使った料理。

遠くから来るお客さんのため、2階には温かいベッドも用意されています。

ほっこりと心温まる優しい映画で、とにかくパンや料理が美味しそう!

洞爺湖にこんな素敵なカフェ、実際にはないだろう…と思いつつ、北海道民である私は観ておりましたが…。

実在するカフェで撮影されていました。

あくまで映画の舞台として使われたというだけで、実際は映画とはいろいろと異なりますが、とても景色が美しい場所にあります。

ガラス工房&カフェ「gla_gla」(グラグラ)

舞台になったカフェは、12歳以下の子供は入店できない、そしてパンも販売していないらしく、小学生の子供がいる我が家には全く向いていないようで…。

映画にも出てくるガラス工房が、観光スポットとしてもおすすめなようなので、行ってみることにしました。

ガラス工房glaglaの入口

味のある木造の建物です。

店内はとても素敵で、写真撮影OKか尋ねると、「もちろん!」とのことでした。

グラス類はどれも素敵です。

お花の飾り方もさすがにセンス抜群。

グラス類とひまわりの花

どれもカッコいいねえ…と、小学生の息子も興味津々。

「これ欲しいな…」と夫がつぶやくのを無視して鑑賞していましたが、私もだんだん一つくらい欲しくなってきたので、買いました。

こんなおしゃれな飾りが似合うお部屋で暮らしたいものです。

glaglaの店内にあるガラス作品

テラスでお茶を楽しむ親子もいました。

食事はなく、飲み物だけとのことです。

吹きガラス体験やガラス彫刻体験もできます。(予約優先)

映画に出てきた鏡やワイングラスも発見でき、目の保養になりました。

アクセス

洞爺湖町月浦44-517

12:00~17:00

お店のHPはこちら

国道からちょっと小道を下るだけなので、立ち寄ってみてください。

カフェ・ゴーシュ

「ガラス工房gla_gla」から国道へ戻る途中、景色が美しいので車から降りて眺めることにしました。

湖畔からではなく、高い所から見る洞爺湖もいいねぇと親子で楽しんでいると、ちょっとオシャレな建物発見。

行ってみると、「カフェ・ゴーシュ」でした。映画の舞台となったカフェです。

gla_glaのすぐ近くだったのですね。

映画では「カフェ・マーニ」という名前で、パンとコーヒー、お料理に宿泊できるお部屋までありましたが、「カフェ・ゴーシュ」はあくまで珈琲店。

映画に使われた場所なので、写真撮影したい人はたくさんいるはずですが、写真撮影一切禁止です。

食べログなどを見ていると、店内は写真NGだけど外観はOKと思っている方が多いようですが、公式HPを見ると建物自体ダメみたいです。(もしくは、以前は外観だけならば許容だったのかもしれません)

厳しいですね…。

公式HPはこちらです。

ラムヤート

ラムヤートの外観

ラムヤート、後ろから読むと「とーやむら」です。

札幌にファンも多い有名なパン屋さんですが、看板が見当たらないので、本当にここで良いのかな~という感じでした。

右隣にある緑の屋根のおうちも普通の民家かと思いきや、「toita」という雑貨屋さんでした。

「ラムヤート」は映画ではパン屋さんではなく、陽子さんというガラス作家の自宅(アトリエ?)として登場。

陽子さんの作品として使われているのが、先ほど紹介した「ガラス工房gla_gla」の製品です。

丸いパンと三角形のパン

エジプトの塩のパン(850円)

三角錐の見た目も独特ですが、スパイシーな味も独特です。

大きなパンと食パン

うしろにある「玄米粉の食パン」(680円)

天然酵母だからか酸味の強い個性的な味の食パンでした。

手前にあるのは「ぜんまい粉の田舎パン」(ホール1320円)

ごまのパンとひまわりの種のパン

「胡麻のパン」(620円)と「向日葵の種のパン」(620円)

こだわりパン屋だけに、どれも値段が高いです。

ハード系だし、大きいですけれどね。

重なったパンと一つ置かれたパン

「葡萄と胡桃のパン」(ホール1200円)

ハード系のパンが好きな人には評価の高いお店です。

日曜の午後2時ということで、パンの数は少なかったです。

お客さんは次から次へと来ていました。

4~12月までの土・日・祝のみの営業なので注意です。

10:00~16:00

水の駅の周辺にはこだわりのお店がたくさん

ラムヤートは「とうや水の駅」のすぐ向かいにあります。

洞爺湖の道の駅は国道沿いにあり、湖畔にあるのが「水の駅」です。

周辺には魅力的なカフェもたくさんあります。

洞爺湖のまわりの彫刻にも注目

その他、パンを配達しに行った小学校など、洞爺湖町のいろいろなところがロケ地になっています。

「とうや湖ぐるっと彫刻公園」

映画には出てきませんが、洞爺湖の周りのいたる所に大きな彫刻作品もあり、写真撮影スポットもたくさんあります。

洞爺湖と遊覧船
洞爺湖の観光地として残念な対応と美しい景色洞爺湖観光するにあたり楽しみにしていたのが「とうや湖ぐるっと彫刻公園」です。 洞爺湖を取り囲んで湖畔沿いに58基ものアート作品が並...

洞爺湖町はとても景色の美しい町でした。

ABOUT ME
なおこた
札幌在住の主婦。 転勤族の夫と小学生の息子との三人暮らし。 趣味は食べることと読書。 悩みは貯蓄。