カレー

「RAMAI(ラマイ)」札幌の王道スープカレーここにあり

ラマイのチキン

ご紹介する「AsianBar RAMAI」はスープカレー初心者に入門としてもおすすめできるお店です。

もちろん、こだわり派も満足の本格派スープカレー

辛さも初期段階から楽しめます。

もちろん、自分好みの辛さを追求したい激辛マニアの方にもおすすめ!

札幌に3店舗ありますが、札幌本店に行ってきました。

札幌本店は札幌ドームの近くにあります

夕方に店に向かって車を走らせると、ぞろぞろと歩く老若男女の姿が。

どうやらドームでのファイターズ戦が終わったところのようです。

近くにあるRAMAIも混んでて入れないかと思いましたが、大丈夫でした。

コンセプトはバリ島

お店の入口のドアが面白いです。

ラマイのドア

現地にて買い付けたという調度品や絵画の数々が店内にあり、怪しいけれどおしゃれな雰囲気を醸し出してくれています。

「ラマイ」ってどういう意味かなとググったら、「Weblioインドネシア語辞典」によると、「にぎやか」とか「混み合っている」という意味のようです。

ラマイの内観

札幌以外にも多数店舗のある人気店なので、有名人もたくさん来るみたいですね。

ブログに写真を載せていいか店員さんに聞くと、上の人に聞きに行ってくれました。

有名店だから写真を撮る人はたくさんいるはずですが、イチイチ掲載許可をとる人って少ないんですかね…。

メニュー名も独特

スープカレーは8種類

ラマイのメニュー1

「ブヒッ」とか可愛いですね(笑)カレーとなると、つい定番のチキンを選びがちなので、たまに豚しゃぶ肉もいいですね。

エビ天や揚げ出し豆腐も食べたい。どれも美味しそうで迷います。

ラマイのメニュー2

トッピングも魅力的!

特にオススメと書かれたブロッコリーが気になります。

辛党には生唐辛子がおすすめ

辛さはすこぶる甘いという「マニス」から10番まで。それ以上も対応してもらえます。

生唐辛子を加えた有料タイプもあります。

「スカ」「チョバ」「プダス」ときて、「ルビー」危険ゾーン突入、「パリン」マニア向け、「デヴィ」神レベル、「デヴィフジン」神をも恐れぬこの辛さ!

…だそうです。

そういえば、デヴィ夫人はインドネシア元大統領夫人でしたね。

こんな名前のライスもあります

ラマイのメニュー3

写真がうまく撮れませんでしたが…

「1000gを超える凄い奴…」と書かれています。

これは、注文する時に恥ずかしそうな名前ですね。

私のような淑女には無理でございます。

S(150g)とL(450g)を比べるとこんな感じ。

ラマイのライス

ライスは「ココナッツ風味」だそうです。楽しみです。

万人受けするスープ

定番の「チキン」と準定番の「ポーク」

ラマイのチキンラマイのポーク

店内薄暗いゆえ、写真がイマイチですみません。

左が「チキン」、右が「ポーク」です。(スマホだと上下ですね)

具材は肉以外は同じですが、右はトッピングでエナックブロッコリー アゲアゲ」を追加しました。

ラマイの壁

こんなのが壁に貼られてたら、トッピングせずにはいられません。

ブロッコリー、何個入ってましたかね。確かに「もりもり盛り」でした。

具の中で一番おいしかったので、追加して良かったです。良い揚げ具合で、サクッとして美味でした。

スープは一口食べて「おいしい」とすぐ言いたくなる味です。

深みがあるのにわかりやすく美味しい。

サラサラすぎず少しとろみがあるので、スープカレーに慣れていなくても、さほど違和感なく食べられそうです。

最近、あっさり系のお店がお気に入りだったので、久しぶりに王道スープカレーを食べた気分。

かなりボリュームがあります。

美味しいけど、肉を食べるのが大変。女性や子供にはちょっと量が多いかも。

キレイに完食しましたけどね。

次回はこれにしたい「ウダン」

ラマイのウダン

こちらは小学生の息子が選んだ「ウダン」

エビ天が2本ついています。

サクサクで美味しすぎ!だそうです。

ちょっとカレーにつけてサクッと食べるよりも、思い切りスープにつけて食べたほうが美味しいとのこと。

辛めを注文するのがおすすめ

メニューにも「少し辛め」がおすすめと書いてある通り。

刺激が少ないので、あまり辛さを感じないです。

10番まであるうち、3番が「大人の辛さへ突入!中辛程度。」とあるので、息子は2番、私は4番、夫は8番でしたが、優しい辛さでした。

次回は、生唐辛子バージョンでいきたいと思います。

テーブルに用意されているチリペッパーを加えると、また美味しくなります。

このチリペッパー、いい味!

ライス

ライスの食べ方は人によっていろいろ好みがありますが。

私は本来、スープとライスは別々で食べたいのですが、このお店のライスはやわらかすぎて私の好みでなかったので、スープに浸して食べてみました。

ここのライスは浸して食べるのが正解!

ほんのり甘いフルーツの味がカレーに混ざるといい感じです。

量は一番少ないSにしましたが、かなり満腹です。

ごちそうさまでした。

お店情報

Asian Bar RAMAI 札幌本店

011-854-2077

札幌市豊平区月寒東1条17丁目5-48

駐車場有

11:30~21:30(ラストオーダー21:00)

土日祝日は11:00~

地下鉄東豊線福住駅から徒歩15分

札幌北33条店、札幌中央店もあります。

営業時間も店によって違います。

道内だけでなく、横浜や大阪にも店舗がありビックリです。

ABOUT ME
なおこた
札幌在住の主婦。 転勤族の夫と小学生の息子との三人暮らし。 趣味は食べることと読書。 悩みは貯蓄。