引っ越し

クラフトボックスそのままで引っ越しするなら汚れは覚悟のうえで

クラフトボックス

収納に「バンカーズボックス」などのクラフトボックスを利用している方は多いでしょう。

紙だから軽いし、いらなくなったら捨てるのも楽だし、見た目もオシャレ。優れものです。

我が家でも使っています。本、書類、思い出の品、衣類…。便利なので10箱以上あります。転勤族なので、とりあえず箱にしまっておくと引っ越しの時にも楽なのです。

引っ越しの時はそのまま運んでも大丈夫なくらい頑丈そうですが…。

クラフトボックスのまま運んだこともありますが、意外と汚れます。

丁寧に運んでくれる業者さんでも…

我が家で使っているのはバンカーズボックスではありませんが、似たような感じのクラフトボックスです。

バンカーズボックスより、ちょっと安いです。

10年くらい前、引っ越し屋さんにボックスのまま運べるかどうか確認すると、「このままでいいですよ~」と言われたのでそのまま運んでもらいました。

黒く汚れたクラフトボックス

これは1番酷いものですが、黒い汚れがついてしまいました…。(10年前ですが、大きな汚れは当時のもの)

全部がこうではなく、綺麗な状態が保たれていた箱もありました。

その時のスタッフさんは皆礼儀正しく、スピーディなのに荷物の扱いも丁寧で、かなり優秀な人たちでした。彼らの仕事ぶりには大満足だったので、まあ仕方ないか~という感じでしたが。

その後の引っ越しでは、クラフトボックスごとダンボールに入れるようにしました。引っ越し屋さんから2サイズの段ボールをもらいましたが、大きいほうの段ボールに収まりました。

中身はそのままなので、荷造りは楽ですよ。(割れ物等はきちんと梱包してくださいね)

押し入れ収納ボックス

ダンボールから出した箱は、そのまま押し入れやクローゼットに入れればOK。

置き場が決まらず、そこら辺に置いておいても絵になるので、急いで片づけなくても気になりません。

クラフトボックスは便利です。

魅せる収納にもピッタリなので、引っ越しの時にはダンボールに入れて、しっかり保護してあげましょう。

ABOUT ME
なおこた
札幌在住の主婦。 転勤族の夫と小学生の息子との三人暮らし。 趣味は食べることと読書。 悩みは貯蓄。