BE:FIRST

リョウキがビーファーストに選ばれて良かった!THE FIRSTおさらい

BE:FIRSTのメンバー決定から1年が経ちました!

私はオーディション中からマナト最推し、二推しシュントではありますが他のメンバーのこともかなり好きで、デビューメンバーに選ばれて本当に良かったなとしみじみ思うのはリョウキくんです。

私はリョウキくんは選ばれないと思っていたのですよ。初めはメンバー5人だと言われていたのでソウタ・リュウヘイ・シュント・マナト・ジュノンじゃろ…と予想していました。そこまでは当たっていたわけですが、7人で良かった…。

リョウキがいないBE:FIRSTなんて考えられませんな。

というわけで、リョウキくんを中心に追いザストしてみました。

つい最近リョウキくんやBE:FIRSTに興味を持った方にも、オーディション中はそんな感じだったんだ~と読んでいただけたら嬉しいです。

THE FIRSTでのリョウキの順位

2次審査 4位
3次審査 10位
合宿1次・クリエイティブ審査 12位
合宿2次・疑似プロ審査 6位
合宿最終審査 5位

そして最終合宿へ。

2次審査4位

もともと俳優として活躍していたリョウキくんは、オーディション参加者の中でもSKY-HIから特に期待されていたメンバーでした。

俳優なのにダンス&ボーカルグループに応募した理由として、THE FIRST2次審査で夢を語っていました。

歌とダンス、役者としての演技
全て世界のトップに通用するような表現者になりたい

披露したダンスは三浦大知『Not Today』

スカイハイの評価は

ダンスは抜け落ちている基礎の部分がある。

難しいムーブ・音ハメはバッチリ決めているのに、直後のゆるいムーブはグルーブをキャッチしきれていないところがあるのでもったいない。

と課題点をあげた上で、

基本的なところができたら一気に良くなる。伸びしろがたくさん見られるのが面白い。

世界のトップという大きな目標もハッタリには聞こえなかった。

と高評価。

リョウキくんも「自分の足りないところを見ていただけて信頼のできる方」と、スカイハイの下で頑張りたいという思いが強くなったようでした。

ちなみに本編ではカットされていましたが、のちに公開されたHulu『あの日のTHE FIRST』では歌の審査も観られます。クセ強でインパクトがスゴイ。SKY-HIもダンス以上に気に入った様子に見えました。

ちなみにこの時の服装から、SNSでのリョウキくんのファンマークがプードルになりました。

でも、実はプードルじゃなくて羊と羊に化けた狼らしいです。

3次審査10位

自己紹介での歌はDISH//『猫』

今は頭からケツまで肉料理が出ているような印象。前菜とか副菜とかいろいろなアプローチ、抜きがあるともっと刺さる。

とSKY-HIからアドバイスされました。

3次審査ではクセ強実力派揃い「怪獣大戦争」のチームB(リーダー・ソウタ)で曲はSKY-HI『Sexual Healing』

自分を見せてやろうという気持ちが勝ってしまう。

心に届けてやろうという気持ちが伴わないと危ないです。

と厳しい指摘。ラップのリズム感や意気込みは評価されていました。

3次審査のリョウキといえばこのシーンも忘れられない…。

そして、3次のリョウキで何か気になるツイートあるかなと探していたら、こちらを発見。さすがリョウキ。

人見知りで全然しゃべらないシュントのことも気づかって話かけたりしていたようですし、本当にリョウキは優しい。

合宿1次審査12位

THE FIRSTは合宿からが本番。

部屋割りは105室。リョウキは絵と字が下手なのを自ら暴露。

チームBでも一緒になる「前世恋人」ジュノンくんとの強い絆もここから生まれる…。

クリエイティブ審査は自分たちで作詞・作曲・ダンスの振付まで行い、10日で完成させてパフォーマンスするという、何とも凄まじい内容。

参加者のほとんどは曲を作るも初めてだしダンスを習ったことがないメンバーまでいるという状態で、特にチームBはうまくいかないことが多く大変でした。

誰も悪くないし皆一生懸命なので、観ていて切なかったです。

チーム分けに偏りもありましたよね…。バランス良く分けたと説明はありましたが、どう考えても…。

オーディションの番組スタッフさんがリョウキについて

合宿中もみんなを気にかけていて。逆に自分がメンバーを救えてないと思ったらちょっと抱えちゃうという、繊細な面もありました。

と語っている雑誌もあります。『別冊カドカワScene 09』です。すごく良いインタビューがいろいろ。

平等にダンス未経験者を入れるチーム分けだったならば、作詞作曲経験者枠で入るのはチームAがシュンスケくんで、チームBがマナティになるので、それもちょっと見たかった…とたまに思います。

マナトの何でもできるマンっぷりが早い段階で知れたのか…とか、ジュノンとマナトがすごい仲良くなってたかもとか、でもソウタがいないと面白キャラは封印されたままだったのか、案外リョウキがマナトのギャグを引き出してたかも…などなど。

何はともあれ、リョウキくんは12位でギリギリ通過。

合宿2次審査6位

疑似プロ審査の課題曲は『Move On』

ここでリョウキくんの魅力大爆発!

リョウキファンが一気に増えたことでしょう。「知らねぇ」はリョウキくん以外にあり得ません。高音パートも素敵です。

最終審査5位

初期はリョウキくんのことを悪く言う人も多かったですが、この頃には好きだという人のほうが圧倒的に多かったんじゃないですかね。

合宿通過は誰が見ても間違いなしでした。

楽曲がハマった時にあなたが飛び込んでくる気持ちよさ。グループにとって攻撃力の高い武器になる才能を今回も見せてもらった。

というスカイハイの評価。

デビューグループには絶対に欲しい才能ですよね。

感情が爆発してエモーションに声を乗せてもピッチやリズムを自在にコントロールすることができたら、見ている人は感動の声以外あげようがない。

とこれからの課題も提示されました。

1年やそこらでできるものでもないので、今後も世界に羽ばたくために磨き続けていくのでしょう。

BE:FIRST『Scream』の「hahaha!」は破壊力抜群なので生パフォーマンスが早く観たいです。

最終合宿とスキャンダル

はじめの合宿がTVで放送開始された頃、リョウキくんの熱愛スキャンダルが週刊誌に出て合宿通過のネタバレに繋がってしまい、炎上しました。

BMSGも謝罪文を出しています。

デビューメンバーに欲しい才能の持ち主であっても、スキャンダルで事務所に迷惑をかけたような状態では選ばれないんだろうなと私などは思っておりました。

それでもリョウキを選んだSKY-HI

メンバー発表での、SKY-HIがリョウキくんに「確認しておかないといけない」といって覚悟を問うた場面は印象的でした。

社長やメンバーたちがリョウキくんを「信頼できる人」と認めて、リスクも承知で受け入れる…。そして、リョウキくんの真剣さ、正直さ。

私もマナシュンの笑顔を見て、もう何も言うことはない!と思いました。二人ともウンウンと大きくうなずいていましたよね。

マナト推しですが、私もリョウキには惹きつけられてばかりです。歌割りにしても、リョウキパートはリョウキ以外あり得ません。トークも上手いし、良いリアクションしてくれるし、ニカッと元気な笑顔の魅力がとてつもない!リョウキが笑えば世界が平和になるという感じ。

というわけで、お読みいただきありがとうございました。

Huluに入ろうかなと思っている方は下のリンクから。

人気の映画やドラマ・アニメ・バラエティが見放題!今すぐ無料トライアル!

ABOUT ME
なおこた
札幌在住の主婦。 転勤族の夫と小学生の息子との三人暮らし。 趣味は食べることと読書。 悩みは貯蓄。