ラーメン

札幌豊平区のおすすめラーメン店!麺屋 海猫

まだ行ったことのないラーメン屋で美味しいお店はないかなと探している方におススメです。

昔ながらの札幌味噌ラーメンが好きな夫、旭川系醤油ラーメンが好きな私と小学生の息子、どちらもお気に入りのお店を紹介します。豊平区西岡にある「麺屋 海猫」です。

2018年2月22日オープン

まだまだ新しいお店です。

店主がかなりの猫好きなのでしょう。2月22日は「猫の日」ですね。

海猫の看板 海猫の外観

お店は水源地通り沿いにあります。

「ラーメン Walker 2019」には駐車3台とありましたが、電柱が邪魔で2台までと思われます。

店内にも、手書きの猫ちゃんの絵が数点飾られています。魅力的な絵なので、つい魅入ってしまいましたよ。

ラーメンのメニュー

海猫のメニュー1

醤油好きの私は当然「白湯醤油」を注文したところですが、その店一番のおススメメニューがある時には、なるべくはそれを食べたい。

今回は「札幌みそ」を食べてみることにしました。息子は「白湯塩」、夫は「白湯醤油」を注文。

メニューを裏返してみると、文字通り「裏メニュー」が書かれています。「辛い白湯醤油」「辛い白湯塩」…これも美味しそうです。

そして目を引くメニューがこちら。

海猫のメニュー2

すごいネーミングです。自分で注文してみる勇気はありませんが、少し味見してみたいです。

「こっさり」味のスープ

 

海猫のみそ

こちらが「札幌みそ」(780円)

上にのっているニンニク・ショウガの風味が食欲をそそります。中太ちぢれ麺よりも細ストレート麺、みそより醤油が好きな私ですが、これはなかなか美味しい!

壁に雑誌の掲載記事が貼られていて、「“こっさり”札幌みそラーメン」と紹介されています。

「こっさり」?

コッテリしているようでアッサリしてるってこと?なるほど、うまいことを言う。確かにその通り…と感心してしまいましたが、この「こっさり」という言葉、ラーメン好きの間では当たり前に使われていたのですね…。

Wikipediaにもしっかり載っていました。

「最初はコクのある様に感じられるが後味があっさり」した味を表現する言葉である。

ただの普通にラーメンが好きな一介の主婦である私は知りませんでしたが、Wikipediaによると1990年代末から使われ始めたとのこと。

札幌から離れていたここ10年の話ならばともかく、いろいろ食べ歩きしていた2000年代には広く使われていたとは地味にショックです。まあ、ラーメン通ではありませんが…。醤油派だし。

続きの記載はこちら

ラーメンに関しては「こってりしているような見た目であっさりした味」という用法もあるが、誤用とされる。逆の「あってり」は「あっさりしているようで、こってりしている」という意味。

「あってり」もあるのですね。

個人的には、こっさりはすごく美味しそうだけど、「あってり」は微妙。

海猫の塩

息子が食べた「白湯 塩」(780円)

スープを味見。美味です!

「なんかエビっぽい味しない?」と私が言うと、「ホントだ。そんな感じ」と夫と息子。

いや、でもエビは特に記載もないし、ベースは豚骨のはず…と疑いつつも、「塩ラーメンにエビ出汁入ってますか?」と会計時に店主さんに聞いてみました。「使ってません!」とキッパリ言われましたよ。あれぇ~?あのエビっぽさはなんなのでしょうね。

味オンチじゃないですよ!大丈夫です!たまたまですよ!

…美味しかったので、また行きたいと思います。

具に玉子は入らないようですので、次回は「味付玉子」をトッピングして注文するつもりです。

アクセス

011-376-1020

木曜定休日(祝日の場合は営業。翌日休み)

駐車場有(店前に2台)

11:00~15:00、17:00~21:00

ABOUT ME
なおこた
札幌在住の主婦。 転勤族の夫と小学生の息子との三人暮らし。 趣味は食べることと読書。 悩みは貯蓄。